知的ストレッチ入門

『知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る』
(日垣隆著 大和書房)を読む。



「知」も「体」と同じように、

負荷を与えて、ストレッチしていくべきという話。

「第6章 疑う―ストレッチ回避術」が面白かった。



私も新聞を読まないのだが、

新聞についての酷評は確かにと納得させられることがあった。



「日本の住宅新聞に見られる異常さは、3点あります。

まず第1に新聞社が購読者の名簿を保持していないという事実です。

(・・・)

第2の異常さは、この巨大な宅配網を、新しいビジネスモデルとして

活用することが1ミリもできていない点。(・・・)

第3に、新聞社は直接読者から集金や課金さえできない、という

情けなさが延々今日まで続いてきました。」(p186-187)



確かに言われてみればそうかもと考えてします。

なぜ自分が新聞に惹かれないのか、

単につまらないとだけ考えていましたが、

他にこんな観点があるんですね。