夢見る頃を過ぎても?

とうとう三十路を歩くことに。
友人(知り合い)のなかには、大学の助手になった人もいれば、IT企業の社長になった人もいる。それに引き換え自分は、うだつのあがらない事務職で、研究者くずれ(←いやなコトバだ)。正直、客観的に見るとあまり芳しくない状態だが、そんなことよりももっと大事に思うことは、自分の道を歩くことかなと思う。結局、ブログで書いているような自分のテーマを1個1個追求していくことが大事だと思うのだ。

というわけで30歳になったときの会話で、早速、「しょうしん」という言葉を、「昇進」と漢字変換できず、「傷心」と漢字変換してしまったワタクシでした。(←自分のテーマと何の関係があるんだか。。)