善き人のためのソナタ

『善き人のためのソナタ』(ドナースマルク監督)を見ました。

ベルリンの壁崩壊以前の東ドイツ、シュタージ(秘密警察)をめぐる話です。映画は最後、希望をもたらすような終わり方となっています。しかしそれよりオレは絶対社会主義国にすめないな、たまらんな、と感じたところの方が多かったです。恋人が密告者とさせられ、秘密を密告されたり、いかに人を売って生きていくかが大事となったり、まったく聞いたことなかった話ではなかったが、あらためて映画で見て、恐ろしいな、と感じてしまいました。