第3回スクーリング

先週の日曜日、第3回目のスクーリング(ノンフィクション講座)に出るため、大阪の谷町まで行ってきた。

講義はケータイ小説について。講義では否定的評価がなされていたが、私自身ケータイ小説を読んだことがないので評価はできないな。というか内容以前に、携帯電話で執筆するのは不便ではないかと思うのは私だけだろうか・・・。

その後、合評会。私自身は作品を出していないので、あーだ、こーだと人の作品の批評をした。実感したのは自分の教養のなさ。神在月と神無月について、皆さんご存知ですか?私は知らなかったな。

http://www.izumooyashiro.or.jp/kamigami/izumo/index.html

又、減反政策で田んぼをそのまま畑にできないこともわかった。労働集約性が全然異なるというのが理由。これは教科書を読むだけではわからない点。

次は作品提出しよう