テロルの決算

テロルの決算 (文春文庫)

テロルの決算 (文春文庫)

この本は傑作です。


作者は山口二矢に思い入れがあって書いているのだけれど、
私はもう一人の主人公、浅沼稲次郎の姿が
よく書けていると思いました。

山口二矢の直線的・直情的な人生より
浅沼の分厚い人生の方に惹かれてしまいます。
齢を取ったのかもしれません。