新しい労働社会

新しい労働社会―雇用システムの再構築へ (岩波新書)

新しい労働社会―雇用システムの再構築へ (岩波新書)

『新しい労働社会』を読みました。


この本の著者である濱口さんのブログは愛読して、
そこからずいぶんと多くを学んでいます。
RSSリーダーに登録済み)


特に人文系の分野しか学んでこなかった私にとっては、
労働法制や、労働をめぐる諸問題について、無知で、
ブログ記事を読むなかで、こういう風に考えればよいのかと、
発見することが多いのです。
(すべての記事を確認はできないのですが)


この『新しい労働社会』に書かれている話は、
突飛な話ではないかと思います。
普段、ニュースで耳にする労働問題が、
筋道だてて整理されていき、
今の日本のあり方とは少し違うあり方が
見えてくる本となっているかと思います。


と言ってばかりではつまらないですので、
以下、著書の範囲を超えている部分もありますが、
感想を書いていきます。


■感想1


第3章でシングルマザーのことが記載されています。
下記の事実についてはじめて知りました。


「日本のシングルマザーの就業率は80%以上と
世界的に見て驚異的に高く、さらに日本では就労している
シングルマザーの方が生活保護を受給している
シングルマザーよりも貧しいのです」(p.155)


このエピソードが紹介された後、
この仕組みでは、働くことが得にならずモラルハザードが生じる、
そこで生活保障制度の中に、働く意欲を喚起するような仕組みを
ビルトインしつつ、生活保障制度を柔軟化していかねばならないと
著者の論が続いているかと思います。


上の状況を聞いて率直に思ったのは、
「なぜ彼女たちは生活保護を選択しないのか、
それとも選択できないのか」ということです。
生活保護の申請がおりないのでしょうか?
アクティベーション的な政策の導入以前に
"福祉へのアクセス可能性"を
もっと確保せねばならないのではと感じました。


■感想2


ブログのなかでも数多く言及されていた
教育の職業的レリバレンス論ですが、
私も重要な論点だと考えています。


私はもともと人文系なので、この話は、
リベラルアーツ 対 職業教育」の図式で
考えられるのかなと予測していましたが、
その予測は見事に外れました。


筆者は下記のように書いています。
「大学は、『学術の理論(…)文化の発展に寄与する』
という建前と、現実の就職先で求められる
職業能力とのギャップをどう埋めるのか
という課題に直面しています。」(p.144)


つまり大学のなかの"研究"と"教育"の齟齬が
労働社会の構造変化に伴い、
表面に出てきたというのが現状なのではないでしょうか。
研究はすべて「建前」というわけではありませんが、
「無用の長」としての性格を多分に有しており、
職業的レリバレンスとは異なる位相にあるかと思います。


大学教育のコストを公的に負担する代わりに、
大学で職業的レリバレンスの高い教育を行うという選択肢は、
おそらく多くの方が納得する正当性の高い選択肢かと思います。
では"研究"を公的に保障する仕組みはいかにあるべきか、
これはすぐには答えられない難しい問題かと思いました。


念のために申し添えておくと、
問題は(非常に)多いにせよ、
大学の研究空間は重要だと考えています。
しかし社会の文脈のなかで、
大学での"研究"という営みを
捉える時期が来ているのかもしれないと感じたのです。
事業仕分けを見た際もそう感じました。)