ヒューマニティーズ 教育学

教育学 (ヒューマニティーズ)

教育学 (ヒューマニティーズ)



この本を読んだきっかけは、
最近、仕事柄、社会教育に興味があり、
教育学全体の見通しを得ておこうと考えたからです。


私が教育学に疎いからかもしれないのですが、
この本を大変面白く読みました。


私は、理論教育学、教育哲学に対して、ずっと偏見を持っていました。
その偏見は、理論教育学は、
哲学より不徹底なだけな理論ではないかという偏見です。
そんな学問に何の意味があるのかと。


この本は、理論教育学の不確実性を認めます。
そして論法として、


「理論的教育学は、ないよりある方がよい」


という方法を取ります。


理論教育学も、教育の目的に関する、確実な答えは提供できません。
しかし個人の経験談や思いこみで教育が語られがちなこのご時世、
確かではなくてもいくらかでも洗練された教育理論は、
無駄ではなく必要なものだ、と筆者は考えます。


この「暫定的進歩主義」ともいえる思考に、私は共感を覚えます。
この立ち位置というものは、現在における
正しい理論研究の位置取りだと考えます。