政治神学

政治神学

政治神学

これを読んだのは、
シュミットの議会制民主主義批判に興味があったため。
カール・レーヴィットがいうように、
無茶な論理展開の箇所が散見されるけど、
ところどころ「はっ」とさせる記述がある。
たとえば、以下の引用を、
「内在性(全体性)」批判として読み替えてみてください。
あれま、かなり現代哲学に接近していることがわかります。



現代国家理論の重要概念は、すべて世俗化された神学概念である。
(…)例外状況は、法律学にとって、神学にとっての奇蹟と類似の意味を持つ。
(…)啓蒙思想の合理主義は、いかなる形での例外事例をも否定した。
したがって反革命の保守著述家の有神論的確信は、
有神論的神学との類推によって、君主の人格的主張を、
イデオロギー的に支えようと試みることができたのである。(p.49-50)