高揚感なき選挙

昨年の8月から1年あまり。
今回の参議院選挙は高揚感なき選挙でした。


「自民」「民主」痛み分け、「みんな」が躍進ではないかというのが、
およその定説で、それを覆す要素もなかったからです。


私は、風変りかもしれませんが、
普天間問題を投票行動の中心に置きました。
消費税増税については、意図と正当性はわかるものの、
普天間問題の「煙幕」として使われたのではないかという
懸念が払しょくできませんでした。


ただ普天間問題は、何一つ解決していませんし、
自民が躍進したところで、解決するとは思えません。
もっというと社民・共産が躍進しても、解決は厳しいでしょう。
消費税増税についても、
なんのために増税するかという点を見過ごして導入すると、
格差が更に広がる可能性があります。


衆参のねじれが生じ、現政権の政治技法は行き詰る可能性が高いです。
そこでもう一段の変化が起きる。
…ということもよく言われることで、
あまり高揚感のない選挙でした。

[追記]
一夜、明けると、思いのほか、自民党が勝っていました。
痛み分けではなく、自民勝利ですね。