ご無沙汰でございます

特に体調等悪いわけではなかったのですが、Twitterも含めずっと更新していませんでした。また関係皆様にもご迷惑をかけ通しとなってしまい(>仕事ではなくプライベート<)恐縮の限りです。徐々に復活していければと思ってます。

この間、想定外のことでしたが、児童文学関連にも足をつっこまざるをえない状況となり、難しいと実感する場面が多い反面、視野が広がった気もします。やはりどんな分野でも「量」が必要なんだなと体験的に理解した次第です。