夕凪の街 桜の国

『夕凪の街 桜の国』(こうの史代 双葉社)
を読む。



「夕凪の街」が名作との話を聞いて読んだとき、

「え、これだけ?」との読後感を持った。

しかし「桜の国」を読み進める内に、

プロットとイメージが重層的に連鎖してきた。

(例えば広島にある橋と東京の橋のイメージや、

夕凪と桜のイメージなど)



私見によれば、

この作品は「夕凪の街 桜の国」一体として

よむべき作品だと思う。



悲惨なラストを迎える「夕凪の街」の最後にある、



「この話はまだ終わりません。

何度夕凪が終わっても終わっていません」



というメッセージは、

被爆という悲劇が時代を超えて続く

ということだけを意味しているのではない。

悲劇を悲劇としてのみ終わらせてはならない、

その「終わらせなさへの決意」も意味しているのだと思う。

だから最後に「桜の国」の最後で、

「お前がしあわせになんなきゃ姉ちゃんが泣くよ」と旭に言わせているのだ。



よくわからない? ぜひご一読を



なお下記参考になるURLです。



http://home.hiroshima-u.ac.jp/bngkkn/hlm-society/WarandLiterature.html

http://www.1101.com/darling_column/2005-08-15.html