調べる技術・書く技術

『調べる技術・書く技術』 (野村進著 講談社現代新書 1940)

ノンフィクション製作術がコンパクトにまとまっていてよい本。人物を書くことがノンフィクションの第1歩であるとの話はなるほど!と感じさせるものがあった。最後の「ノンフィクションは豊かになる技法」という箇所に共感。まだ私はとても「貧しい」。