市民の日本語

市民の日本語―NPOの可能性とコミュニケーション (ひつじ市民新書)
『市民の日本語―NPOの可能性とコミュニケーション (ひつじ市民新書)』
クチコミを見る
を読みました。

先々週、仙台に行っていたけれども仙台は市民活動が有名な都市。特にこの著者の活動は私でさえ知っていた。

■蝸牛庵日乗http://blog.canpan.info/katatsumuri/

そこでこの本を読んでみたのだけれど、考えさせられることが多かった(とてもよい本だと思う)。自分は他人との共同作業が苦手なのだが、もう1歩踏み出すには、他人との付き合い方を考えないといけないな、というより、実際いろいろ経験しないといけないなと再確認。