高学歴ワーキングプア

高学歴ワーキングプア  「フリーター生産工場」としての大学院 (光文社新書)

高学歴ワーキングプア 「フリーター生産工場」としての大学院 (光文社新書)

遅ればせながら『高学歴ワーキングプア』を読みました。


この本で書かれていることを、私はほとんど知っていました。
というのも私自身も「高学歴ワーキングプア」予備軍だったからです。
(知らなかった点は、新興私立大学で、
学生の大学院への勧誘活動が組織的に行われたということでした)


私は精神的に脆かったせいで、
早めにアカデミシャンの道から路線転換したのですが、
私より優秀で頑張っている人が報われない現状を見ると
暗澹たる気分にさせられます。


前のエントリ(1月17日)でも書いたことと関連するのですが、


「社会のなかに研究活動をどう位置づけるのか」、
「社会のなかで研究者をどう活かしていくのか」、


ということが、私にとって根元にある重要なテーマです。
縁あって社会教育に関係する仕事を得ていますので、
大学という狭い世界だけでなく、
もっと広い視野を持って、いろいろ考えていけたらと思っています。


大学院の惨状を書いている第4章までより、
これからのヒントとなる第5章からの方が、
私には参考になりました。