麦の穂をゆらす風

『麦の穂を揺らす風』(ケン・ローチ監督)を見た。



正直、ケン・ローチにしては

駄作だと感じた。



アイルランド独立を巡る話であるが、

トーリー・テリングに工夫がなく、

展開の予想がすぐできてしまう。



例えば主人公が条約反対派につく1つのきっかけともなる場面が、

栄養失調の子供を看病した場面だが、

突然、この子供のシーンが挿入されているため、

映画のなかでのアイルランドの貧しさの

裏づけに乏しく、唐突な感じがする。



『ケス』や『レディバード・レディーバード』を

見たときの衝撃は大きかった。

あの時の方が「貧しさ」や「人間の尊厳」というものに対して

実感ある鋭い切り込みをしていたと思う。