硫黄島からの手紙

『硫黄島からの手紙』(クリント・イーストウッド監督)を見る。



これぞ映画だという出来だった。



「政治」とか「愛国心」とかいった大文字のイデオロギー

映画のなかに入り込んでいない、

というより入り込まざるテーマを扱っていても、

それを映像・表現の質が凌駕している。



映画の中で印象的だったのは、

栗林中将が玉砕や自決を徹底的に排除した部分。

栗林は、「死の美学」、そしてその裏に隠れている

「どうせ死ぬのだから」という思考停止を嫌い、

その場、その場で生き残るため、

「考え行動する」ことの重要性を説く。



栗林の存在によって、個々の日本兵が、

映画のなかで、無名の兵士ではなく、

考える主体として立ち上がってくる。



手紙という映画的装置(アメリカ兵の手紙を日本兵が読むシーンなど)も面白いし、

重層的な映画だった。