カティンの森

アンジェイ・ワイダ監督の「カティンの森」を見てきました。
http://katyn-movie.com/pc/


予告篇を見た際、「ポーランドに人生を捧げた男、
アンジェイ・ワイダが世界に放つ畢竟の大作」とあり、
なんかすごい宣伝文句だなと思っていました。
しかし見てみると「ほんとだ…」と感じてしまいました。
それだけ彼個人の思いに溢れた映画となっています。


■以下、内容に入ります。


この映画には、本当に救いがありません。


カティン虐殺事件は、
ナチのプロパガンダに使われたかと思えば、
戦後はソ連のプロパンガンダに使われます。
真実を言うことが、即、命取りになる社会、
そんな社会のなかでも劇中の人物は、
カティン虐殺事件の真実を伝えようとします。


並みの映画であれば、なんらかの救いを用意するでしょう。
しかしこの映画は、真実を伝えようとした者すべてが、
不幸になるプロセスを淡々と描いていきます。
劇中にギリシャ悲劇「アンティゴネー」が、
それとなく触れられる箇所があります。
墓碑を立てることさえ許されない社会の姿が、
淡々と描かれていくのです。


観終わった後、すこし外をそぞろ歩いて、
自分の感情の整理をしてしまいました。