ずっとあなたを愛している

『ずっとあなたを愛している』(フィリップ・クローデル監督)
を見てきました。http://www.zutto-movie.jp/


実はクライマックスのところで、腹痛が…。
というわけで、なんとももったいない見方をしてしまいました。
(しっかり見れてはいないのですが、
 ラストは駆け足すぎた感があります)


この映画では、人と人とが寄り添いながら生きていく様子が、
丁寧な眼差しで描かれています。
排除したり、議論したりする様ではなく、
"ゆっくりと寄り添いながら"生きていく様をです。


…と書きながら、私はいま適切な言葉を見いだせないでいます。
感動するというより、じわっ、じわっとくる映画です。
クローデルはこの映画を、沈黙の映画、光の映画だと語っています。
言語化できないからこそ映画化したのだとも。
うまい批評が書けなくても当然かもしれません。

http://fr-chocolat.com/podcast-chocolat/387-172-chocolat-2010-et-philippe-claudel