映画「悪人」

素晴らしいです。本当に素晴らしかった! タイトルが「悪人」となっていますが、この映画がテーマとしているのは個人に帰属される「善悪」ではなく、社会の「構造的暴力」ともいえるものです。都市と地方の格差、大学生と肉体労働者の格差など、圧倒的な社会…

電子書籍の真実

電子書籍の真実 (マイコミ新書)作者: 村瀬拓男出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ発売日: 2010/07/24メディア: 新書購入: 4人 クリック: 45回この商品を含むブログ (15件) を見る 非常に面白い本でした。どの点が面白いというと、綿密な現状分析に加…

ウェブがわかる本

ウェブがわかる本 (岩波ジュニア新書)作者: 大向一輝出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2007/04/26メディア: 新書購入: 1人 クリック: 21回この商品を含むブログ (34件) を見る うわさ通り非常に分かりやすい本でした。勉強になりました。ウェブでは、1)見つ…

最近読んだ本

機会があって読んだ本。備忘録まで。 地に呪われたる者 (みすずライブラリー)作者: フランツファノン,Frantz Fanon,鈴木道彦,浦野衣子出版社/メーカー: みすず書房発売日: 1996/09メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 59回この商品を含むブログ (35件) を見…

Googleエディション(関西)説明に行きました

版元ドットコムさんが主宰した、 Googleエディション(関西)説明会に行ってきました。 TBSのカメラも入っていて、 関心の高さを伺い知ることができました。 以下、文責は私で、まとめを。 ■全体の流れ まず現在のGoogle ブックスの説明から入り、 そのあと…

ブックビジネス2.0

ブックビジネス2.0 - ウェブ時代の新しい本の生態系作者: 岡本真,仲俣暁生,津田大介,橋本大也,長尾真,野口祐子,渡辺智暁,金正勲出版社/メーカー: 実業之日本社発売日: 2010/07/16メディア: 単行本購入: 21人 クリック: 562回この商品を含むブログ (53件) を…

電子図書館

電子図書館 新装版作者: 長尾真出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2010/03/19メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 60回この商品を含むブログ (19件) を見る今頃になって読みました(汗)。 ヨイショも批判もせず、以下、感想を淡々と。 長尾さんの先見の明…

高揚感なき選挙

昨年の8月から1年あまり。 今回の参議院選挙は高揚感なき選挙でした。 「自民」「民主」痛み分け、「みんな」が躍進ではないかというのが、 およその定説で、それを覆す要素もなかったからです。 私は、風変りかもしれませんが、 普天間問題を投票行動の中心…

Twitter感

本当は長い文章を書きたいのですが、 食わず嫌いはいけないと思い、Twitterはじめました。 1週間くらいやっただけですが、不思議な感覚です。 仕組みはブログかもしれませんが、 サービスの本質としては、ブログではありません。 あとTwitterの特徴は、リア…

沖縄密約

沖縄密約―「情報犯罪」と日米同盟 (岩波新書)作者: 西山太吉出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2007/05/22メディア: 新書購入: 15人 クリック: 56回この商品を含むブログ (31件) を見る 西山さんが書かれた沖縄密約に関する本です。この本を読んで、2005年以…

森の健康診断に参加しました

森の健康診断に参加してきました。 行ってきたのはこんなところです。 一見、問題なく見える森の様子。 これでも「超過密」状態とのこと。 自然に枯れてしまった木も散見されます。 せっかくなので少し林業について調べてみたいと思います。

「アメとムチ」の構図

「アメとムチ」の構図―普天間移設の内幕作者: 渡辺豪出版社/メーカー: 沖縄タイムス社発売日: 2008/11メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 6回この商品を含むブログ (4件) を見るこの本は、米軍再編後の普天間基地移設の経緯についてのノンフィクションです…

記事1本目をアップ

記事1本目をアップしました。 普天間移設問題について自分なりに調べてみました。 文面修正、レイアウト修正、適宜行いますのであしからず。 (修正履歴はつけていきます)http://tsubosh2.web.fc2.com/okinawa_01.html - (1)SACO合意から 2009年9月…

お笑い米軍基地

とある会合で↑を知りました。笑えるけど、かなり複雑な気分に。

グリーンゾーン

「グリーン・ゾーン」(ポール・グリーングラス監督) を観てきました。 まず、私は手持ちカメラ、ブレブレ映像大好きなので、どうしてもこの手の映画には好意的になってしまいます。(ちなみに「仁義なき戦い」も大好きです。)この映画は、イラクの大量破…

サイト作りに入ります

なかなか手をつけられていなかったサイト作りに 時間を割くことにしました。 まだトップしか作成していませんが、 月1テーマで作成していきたいと考えています。 ■Alternative Citizen Research http://tsubosh2.web.fc2.com/ - 最近、Twitterが盛んです。We…

オーケストラ!

かなりいい映画です。この映画の的確な批評を、粉川哲夫さんがされています。(この批評、かなり気合が入っています) http://cinema.translocal.jp/2010-02.html#2010-02-10最後のコンサートのシーンがすごいと言われていたけど、前半のドタバタも好きです…

プレシャス

「プレシャス」を見てきました。いい映画でした。 観る前には社会派独特のしんどい展開になるかもしれないと思っていましたが、観終わった後、希望が持てる素晴らしい映画でした。この映画の監督はインタビューで、「自分自身の愛し方について学ぶ映画だ」と…

戯曲「沖縄」(木下順二)

子午線の祀り・沖縄―他一篇 (岩波文庫―木下順二戯曲選)作者: 木下順二出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1999/01/18メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 17回この商品を含むブログ (21件) を見る戯曲「沖縄」 「どうしても取りかえせないことを どうしても取…

実学上等!

前回のエントリ書いてから、いろいろ考えていました。 このブログの方針としては、 あまり人を批判せず、ある特定の個人・作品を論評する場合、 その方のなるべく高い「鞍部」を捉えたいと思っています。 内田さんのエントリを読み返してみて、 ゼミ生の方と…

「就活に喝」エントリ

内田樹さん「就活に喝」エントリ、確かに面白いですね。 ■内田さんのブログ http://blog.tatsuru.com/2010/04/14_1233.php この文章自体が、記述的な文章ではなく、 遂行的な文章になっています。 でもこのエントリに諸手を挙げて賛成かと問われると ちょっ…

シャッターアイランド

主人公がはめられている可能性を否定できないのは、 私が陰謀論好きだからでしょうか(笑)。

シャーロック・ホームズ[映画]

ジェレミー・ブレッド版のホームズの印象が強すぎて この映画楽しめるかなと思っていましたが、 十分楽しめました!

奈良西大寺の桜

そして、干潟は残った

そして、干潟は残った―インターネットとNPO作者: 松浦さと子出版社/メーカー: リベルタ出版発売日: 1999/10メディア: 単行本 クリック: 3回この商品を含むブログ (2件) を見る この本は面白いです。 名古屋に藤前干潟という干潟があります。 この藤前干潟が…

政治神学

政治神学作者: カール・シュミット,田中浩,原田武雄出版社/メーカー: 未来社発売日: 1971メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 106回この商品を含むブログ (26件) を見るこれを読んだのは、 シュミットの議会制民主主義批判に興味があったため。 カール・レ…

「在日」の思想

新編「在日」の思想 (講談社文芸文庫)作者: 金石範出版社/メーカー: 講談社発売日: 2001/05メディア: 文庫 クリック: 3回この商品を含むブログ (1件) を見る 最近、在日外国人の地方参政権や、 朝鮮学校の無償化除外の議論があります。 このブログは、断片的…

『いのち満ちる山河』シンポジウム

3月20日に、山里文化研究所というところの 『いのち満ちる山河 シンポジウム』に参加してきました。 http://www.yamazato4.com/ http://blog.goo.ne.jp/yamazatobunkast/e/341582475884a68c32647e4f34ea578d この会に参加した一番の目的は、 地元学提唱者の…

ずっとあなたを愛している

『ずっとあなたを愛している』(フィリップ・クローデル監督) を見てきました。http://www.zutto-movie.jp/ 実はクライマックスのところで、腹痛が…。 というわけで、なんとももったいない見方をしてしまいました。 (しっかり見れてはいないのですが、 ラ…

ヒューマニティーズ 教育学

教育学 (ヒューマニティーズ)作者: 広田照幸出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2009/07/30メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 48回この商品を含むブログ (20件) を見る この本を読んだきっかけは、 最近、仕事柄、社会教育に興味があり、 教育学全体の見通…

伊勢湾 森と海の未来

昨日、名古屋で開かれた「伊勢湾 森と海の未来」シンポに行ってきました。 このシンポは、今年COP10の会議が名古屋で開かれるため、 それのプレイベント的なものらしいです。 http://www.cop10.jp/aichi-nagoya/biodiversity/index.html まずは、宇沢弘文さ…

図書館雑誌2010年2月号

いつものシリーズです。読んだのは↓。短評も含め。 ■岡本真「『デジタル時代の都立図書館像』を見据えて」 http://opac.ndl.go.jp/articleid/10545509/jpn 岡本さんの主張は、都道府県立図書館が、 より"間接的な"サービスを展開し、 市町村立図書館の「黒子…

ミュージアムぐるっとパス2009達成で

もらえた景品は↓でした。

第3回「科学のまちの子どもたち」フォーラム

個人的興味から、 第3回「科学のまちの子どもたち」フォーラムに行ってきました。 まず、有名な池内了さんの講演。話がうまいですね。 宇宙物理学がご専門らしいです。 「私たちの身体を構成している元素が宇宙から来ている」 という話がありました。 最近「…

逝きし世の面影

逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)作者: 渡辺京二出版社/メーカー: 平凡社発売日: 2005/09メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 24人 クリック: 335回この商品を含むブログ (180件) を見るこの本を読むきっかけは、抽象的な表現を使えば、 "前近代"をど…

京都文化博物館(アイヌ展・カルタゴ展)、そして体験的博物館の見方

先月、今月と、京都文化博物館へ行ってきました。 見てきたのは、アイヌ展(先月)とカルタゴ展(今日)です。 ○「アイヌの美 カムイと創造する世界」 ○「古代カルタゴとローマ展 きらめく地中海文明の至宝」 美術館にせよ、博物館にせよ、昔は「つまらない…

最近、料理が楽しくなってきました

鳥羽・答志島へ行ってきました

2月13日・14日と鳥羽・答志島へ行ってきました。 非常に濃密な旅となりました。 まずは画像から。詳しいレポートはまた別途。■答志島の和具港 ■和具から見た鳥羽市街 ■鳥羽の「海の博物館」(http://www.umihaku.com/)

インビクタス‐負けざる者たち‐

クリント・イーストウッドの新作、 「インビクタス‐負けざる者たち‐」を見てきました。 http://wwws.warnerbros.co.jp/invictus/ この映画、実はそれほど期待してはいなかったのですが、 まとまったよい映画となっていました。 この映画のキモは、マンデラを…

せいか隣人まつり

本日、私が住んでいる京都府精華町の 「せいか隣人まつり」に行ってきました。 この「隣人まつり」、パリ発祥の、自治活動のしかけらしいです。 - 始まりは1999年。 パリの区議会議員アタナーズ・ペリファンさんは、 隣のアパートで死後1カ月が過ぎた8…

生涯学習時代の成人教育学

生涯学習時代の成人教育学 (明石ライブラリー)作者: 渡邊洋子出版社/メーカー: 明石書店発売日: 2002/09/18メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 4回この商品を含むブログ (4件) を見る 社会人になってから、 生涯学習が大事だと考えるようになりました。 学…

リークという名の"情報操作"を防ぐ手立ては?

最近の小沢さんの件を含めて、捜査当局者しか知り得ない情報が出ているため、「検察が意図的に『リーク』を行い情報操作を行っているのでは?」という疑惑の声が出ています。そこで「リーク」を批判する人たちは、検察庁職員が国家公務員法違反を犯している…

高学歴ワーキングプア

高学歴ワーキングプア 「フリーター生産工場」としての大学院 (光文社新書)作者: 水月昭道出版社/メーカー: 光文社発売日: 2007/10/16メディア: 新書購入: 9人 クリック: 324回この商品を含むブログ (231件) を見る遅ればせながら『高学歴ワーキングプア』を…

新しい労働社会

新しい労働社会―雇用システムの再構築へ (岩波新書)作者: 濱口桂一郎出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2009/07/22メディア: 新書購入: 18人 クリック: 401回この商品を含むブログ (84件) を見る『新しい労働社会』を読みました。 この本の著者である濱口さ…

図書館雑誌11月号・12月号

『図書館雑誌』2009年11月号・12号で 興味を惹かれた記事を紹介します。 ■11月号 ・「利用者の視点に立った図書検索システムの開発--新たなネットワークシステム(Tosho Ring)の構築を目指して」 http://opac.ndl.go.jp/articleid/10421748/jpn →Tosho Ringと…

近江から日本史を読み直す

近江から日本史を読み直す (講談社現代新書)作者: 今谷明出版社/メーカー: 講談社発売日: 2007/05/18メディア: 新書購入: 1人 クリック: 24回この商品を含むブログ (9件) を見る仕事上の関係でざっくりと読む。 滋賀が国宝や重文の宝庫だということがわかる…

豊かなアジア 貧しい日本

[rakuten:book:10251416:detail] ずっと前から積読になっていたのをお正月に読みました。エッセンスは、人間らしい生活を送るためには「労働力、土地所有、信用の商品化を押しとどめること」が必要であるということに尽きるかと。●日本語レッスン ・暗渠排水…

課題解決型サービスの創造と展開

課題解決型サービスの創造と展開 (図書館の最前線)作者: 大串夏身出版社/メーカー: 青弓社発売日: 2008/04メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 6回この商品を含むブログ (6件) を見る『課題解決型サービスの創造と展開』を読みました。 私は「課題解決型サ…

カティンの森

アンジェイ・ワイダ監督の「カティンの森」を見てきました。 http://katyn-movie.com/pc/ 予告篇を見た際、「ポーランドに人生を捧げた男、 アンジェイ・ワイダが世界に放つ畢竟の大作」とあり、 なんかすごい宣伝文句だなと思っていました。 しかし見てみる…

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 寝正月でした。「ダイハード4」をTVでやっていたのですが、 笑った、笑った。今年の初笑です。