書評

2020年までにノンフィクション100冊マラソンを達成したいなと考えています。

以下は、マラソン本のインデックスです。1件当たり、600字から800字くらいまででコンパクトに感想を書きたいと思います。まず折り返し地点の50冊目まで。23冊目:杉田俊介『宇多田ヒカル論』(2018.1.4) 24冊目:トルーマン・カポーティ『冷血』(2018.1.5…

核時代の想像力

ノンフィクションマラソン48冊目は『核時代の想像力』です。大江健三郎の1968年の講演録となります。 核時代の想像力 (新潮選書) 作者: 大江健三郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2007/05/01 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログ (8件) …

在野研究ビギナーズ

ノンフィクションマラソン47冊目は『在野研究ビギナーズ』です。 在野研究ビギナーズ――勝手にはじめる研究生活 作者: 荒木優太 出版社/メーカー: 明石書店 発売日: 2019/09/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 面白い本でした。特に、山本哲士…

映像の境域

ノンフィクションマラソン46冊目は『映像の境域』です。最近、ドキュメンタリー映画について突っ込んで考えてみたいと思っているので手に取りました。 映像の境域: アートフィルム/ワールドシネマ 作者: 金子遊 出版社/メーカー: 森話社 発売日: 2017/06/16 …

ニック・ランドと新反動主義

ノンフィクションマラソン45冊目は『ニック・ランドと新反動主義』です。 ニック・ランドと新反動主義 現代世界を覆う〈ダーク〉な思想 (星海社新書) 作者: 木澤佐登志 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2019/05/26 メディア: 新書 この商品を含むブログを見…

テレビは男子一生の仕事

ノンフィクションマラソン44冊目は『テレビは男子一生の仕事』です。 テレビは男子一生の仕事: ドキュメンタリスト牛山純一 作者: 鈴木嘉一 出版社/メーカー: 平凡社 発売日: 2016/07/15 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 「しかし、私は新聞記…

失われた兵士たち

ノンフィクションマラソン43冊目は『失われた兵士たち』です。 失われた兵士たち 戦争文学試論 (文春学藝ライブラリー) 作者: 野呂邦暢 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/06/19 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 文章を草するという…

ふたつの日本

ノンフィクションマラソン42冊目は『ふたつの日本』です。 ふたつの日本 「移民国家」の建前と現実 (講談社現代新書) 作者: 望月優大 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2019/03/13 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 同じ日本に暮らしていても、国…

自由学問都市大坂

ノンフィクションマラソン41冊目は『自由学問都市大坂』です。ノンフィクションというよりは、思想の解説本に近いですが。 自由学問都市大坂―懐徳堂と日本的理性の誕生 (講談社選書メチエ) 作者: 宮川康子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2002/02 メディア…

苦海浄土

ノンフィクションマラソン40冊目は『苦海浄土』です。 新装版 苦海浄土 (講談社文庫) 作者: 石牟礼道子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2004/07/15 メディア: 文庫 購入: 9人 クリック: 175回 この商品を含むブログ (71件) を見る 呂太后をもひとつの人格…

ノモンハンの夏

ノンフィクションマラソン39冊目は『ノモンハンの夏』です。 ノモンハンの夏 (文春文庫) 作者: 半藤一利 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2001/06/08 メディア: 文庫 購入: 6人 クリック: 27回 この商品を含むブログ (35件) を見る ノモンハン敗戦の責任…

ノンフィクションマラソン38冊目は『牙』です。 牙: アフリカゾウの「密猟組織」を追って 作者: 三浦英之 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2019/05/08 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 人間の欲望は動物の生命や尊厳をどこまで弄べるのか(p.1…

強制不妊

強制不妊――旧優生保護法を問う 作者: 毎日新聞取材班 出版社/メーカー: 毎日新聞出版 発売日: 2019/03/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る この本は、旧優生保護法による強制不妊手術に関する毎日新聞のキャンペーン報道をまとめた本です。旧優…

【ショート書評】アドルノ「文化批判と社会」を読み直した

文化批判は、文化と野蛮の弁証法の最終段階に直面している。アウシュヴィッツ以後、詩を書くことは野蛮である。そしてそのことがまた、今日詩を書くことが不可能になった理由を語りだす認識を侵食する。絶対的物象化は、かつては精神の進歩を自分の一要素と…

インタビュー

久しぶりの更新です。ノンフィクションマラソン36冊目は『インタビュー』です。 インタビュー 作者: 木村俊介 出版社/メーカー: ミシマ社 発売日: 2017/05/20 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (4件) を見る ノンフィクションは、単に…

狼煙を見よ

ノンフィクションマラソン35冊目は『狼煙を見よ』です。 狼煙を見よ:東アジア反日武装戦線“狼"部隊 作者: 松下竜一 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2017/08/14 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る この本は、東アジア反日武装戦線…

どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみた

ノンフィクションマラソン34冊目は『どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみた』です。会話の中で教えてもらった本です。 どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみた 作者: 吉田尚記,石川善樹 出版社/メーカー: KADOKAWA / メディアファクトリー 発売日…

目に見えない世界を歩く

ノンフィクションマラソン33冊目は『目に見えない世界を歩く』です。 新書862目に見えない世界を歩く (平凡社新書) 作者: 広瀬浩二郎 出版社/メーカー: 平凡社 発売日: 2017/12/15 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) を見る 近代以降、人類は「目に…

「レジリエンス」の鍛え方

今までとは少し趣向が違う本となりますが、ノンフィクションマラソン32冊目は『「レジリエンス」の鍛え方』です。 世界のエリートがIQ・学歴よりも重視! 「レジリエンス」の鍛え方 作者: 久世浩司 出版社/メーカー: 実業之日本社 発売日: 2014/02/28 メディ…

沸点

ノンフィクションマラソン、31冊目は『沸点』です。史実そのものではないですが、史実を基にしたグラフィックノベルです。 増補版 沸点ーソウル・オン・ザ・ストリート 作者: チェ・ギュソク,クォン・ヨンソク,加藤直樹 出版社/メーカー: ころから株式会社 …

現在進行形の道徳的戦場へヤングアダルトを連れていく~梨木香歩『僕は、そして僕たちはどう生きるか』論(後篇)

(前篇はこちらから) tsubosh.hatenablog.com (2)『僕は、そして僕たちはどう生きるか』 梨木は『君たちはどう生きるか』がブームになっている一因として、今の大人たちが昔の大人たちの「育む力」に圧倒されているからではないかと推測している。 我々は…

現在進行形の道徳的戦場へヤングアダルトを連れていく~梨木香歩『僕は、そして僕たちはどう生きるか』論(前篇)

梨木香歩著『僕は、そして僕たちはどう生きるか』は、理論社のウェブマガジンで連載された後、2011年(平成23年)に書籍化された本である。(本稿では、岩波現代文庫版を使用する。本文括弧内のページ数は岩波現代文庫版のものである。梨木香歩『僕は、そし…

人間の解剖はサルの解剖のための鍵である

ノンフィクションマラソンマラソン30冊目は『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』です。 人間の解剖はサルの解剖のための鍵である 作者: 吉川浩満 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2018/07/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を…

方丈記私記・方丈記

ノンフィクションマラソン28冊目、29冊目は『方丈記私記』『方丈記』の2冊です。実はこの文章は、「1冊の本を書くための「本の読み込み方」」という講座に参加して書いたものです。講座からは大変な示唆を受けました。それを含め、最近考えたことは別の記事…

軌道

前回の更新が4月末ですので、随分ご無沙汰になります。前回、上野英信の本を取り扱うと書きましたが、前言撤回して他の本を数冊紹介します。27冊目は『軌道』です。大変示唆に富む本でした。 軌道 福知山線脱線事故 JR西日本を変えた闘い 作者: 松本創 出版…

追われゆく坑夫たち

年度末&年度始めと忙しく全く本が読めませんでした。ただ、社会人ならこのような時期があるのは仕方ありません。ぼちぼちでも本が読める環境に感謝して、再スタートです。日本の代表的な記録文学もコツコツ読んでいきたいと思っています。 追われゆく坑夫た…

南方熊楠

ノンフィクションマラソン25冊目は、南方熊楠の概説書(新書)です。 南方熊楠 - 日本人の可能性の極限 (中公新書) 作者: 唐澤 太輔 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2015/04/24 メディア: 新書 この商品を含むブログ (6件) を見る 熊楠の在り方は、…

冷血

ノンフィクション24冊目は、ノンフィクション・ノベルの代表作、トルーマン・カポーティの『冷血』です。お正月休みに一気に読みました。 冷血 (新潮文庫) 作者: トルーマンカポーティ,Truman Capote,佐々田雅子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2006/06/28…

宇多田ヒカル論

少し時間があいてしまいましたが、ノンフィクションマラソン23冊目です。このペースで大丈夫なのでしょうか…。さらに「ノンフィクション」というものの境界もわからなくなってきていますが、今回はポピュラー音楽の批評本です。 宇多田ヒカル論 世界の無限と…

ノンフィクション100冊マラソン(~2017年)【倉庫】

1冊目:澤地久枝『密約』2冊目:斎藤茂男『父よ!母よ!』3冊目:コリン・コバヤシ『ゲランドの塩物語』4冊目:河上肇『貧乏物語』5冊目:NHK「無縁社会プロジェクト」取材班『無縁社会』6冊目:杉山春『移民還流』7冊目:ラビア・カーディル『ウイグルの…