批評を書き溜めてアルバムを作ることを目指しています。(まず10本)

  1. 「【映画評】<映画>と<映像>のリミットを往還する―ジャハール・パナヒ『これは映画ではない』『人生タクシー』論」(前編)(後編
  2. 「【ロング書評】ジャック・デリダ『アーカイヴの病』を読む」(前篇)(後篇
  3. 「【映画評】沈黙、発話、発達~映画『デトロイト』を活動理論で読み解く」(前篇)(中篇)(後篇
  4. 「【ロング書評】現在進行形の道徳的戦場へヤングアダルトを連れていく~梨木香歩『僕は、そして僕たちはどう生きるか』論」(前篇)(後篇

2020年までにノンフィクション100冊マラソンを達成したいなと考えています。

以下は、マラソン本のインデックスです。1件当たり、600字から800字くらいまででコンパクトに感想を書きたいと思います。まず折り返し地点の50冊目まで。

23冊目:杉田俊介宇多田ヒカル論』(2018.1.4)
24冊目:トルーマン・カポーティ冷血』(2018.1.5)
25冊目:唐澤太輔『南方熊楠』(2018.2.21)
26冊目:上野英信追われゆく坑夫たち』(2018.4.30)
27冊目:松本創軌道』(2018.9.9)
28冊目:堀田善衛方丈記私記』(2018.9.15)
※29冊目:鴨長明方丈記』は28冊目の記事で紹介しています。
30冊名:吉川浩満人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』(2018.10.8)
31冊目:チェ・ギュソク『沸点』(2018.10.28)
32冊目:久世浩司『「レジリエンス」の鍛え方』(2018.11.10)
33冊目:広瀬浩二郎『目に見えない世界を歩く』(2018.12.10)
34冊目:石川善樹+吉田尚記どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみた』(2018.12.23)
35冊目:松下竜一狼煙を見よ』(2019.1.5)
※2017年(22冊目)までは、こちらから。
tsubosh.hatenablog.com

「視線を上に」シリーズ

視線を過去から未来に向けたいと感じています。心のなかにある漠然とした到達点を見つつ、近況のログを残していきます。「三歩後退一歩前進」シリーズで、少しだけ過去を振り返りました。

2018年12月初旬近況報告中旬近況報告下旬近況報告

 

tsubosh.hatenablog.com

 

狼煙を見よ

ノンフィクションマラソン35冊目は『狼煙を見よ』です。

 この本は、東アジア反日武装戦線「狼」のリーダーであった大道寺将司を追ったノンフィクションです。東アジア反日武装戦線「狼」は、北海道や沖縄も含めた東アジアへの日本(ヤマト)の植民地責任(「おとしまえ」)を問いました。そのための手段が爆弾闘争だったのですが、これにより多くの死者が出てしまいます(三菱重工爆破事件)。松下竜一は、大道寺達の思想に共感を寄せつつも、彼らの行為の責任(「おとしまえ」)がいかにあるべきかについて悩みます。

この本は、感想がなかなかまとまらない本です。分かる箇所と分からない箇所が混在しているのです。率直にいえば、彼らの思想には正当な部分があると思います。また、かなり丁寧に彼らの人となり、誠実さや迷いが書かれています。しかし、肝心の爆弾闘争については、何故その方向性に向かうのかが、今の私の実感としてよく分かりませんでした。私が手に取ったのは昨年刊行された河出書房新社版ですが、その帯に森達也が「個のままで悶える松下竜一が屹立する」と書いています。彼が私と同じような読み方をしたかは分かりませんが、私は理解可能な点と理解できない点との間でねじれるような読書をしました。