2020年までにノンフィクション100冊マラソンを達成したいなと考えています。

以下は、マラソン本のインデックスです。
1件当たり、600字から800字くらいまででコンパクトに感想を書きたいと思います。

1冊目:澤地久枝『密約』
2冊目:斎藤茂男『父よ!母よ!』
3冊目:コリン・コバヤシ『ゲランドの塩物語』
4冊目:河上肇『貧乏物語』
5冊目:NHK「無縁社会プロジェクト」取材班『無縁社会』
6冊目:杉山春『移民還流』
7冊目:ラビア・カーディル『ウイグルの母 ラビア・カーディル自伝』
8冊目:デイヴィッド・ハルバースタム『ザ・コールデスト・ウィンター』
9冊目: 堀江邦夫『原発ジプシー』
10冊目:アンドレ・ジイド『コンゴ紀行』
11冊目:アンソニー・ルイス『敵対する思想の自由』(2017.3.12)
12冊目:柳田国男『遠野物語・山の人生』(2017.5.8)
13冊目:武田徹『日本ノンフィクション史』(2017.6.5)
14冊目:足立巻一『やちまた』(2017.7.2)
15冊目:ブレイディみかこ『子どもたちの階級闘争』(2017.7.12)
16冊目:松原岩五郎『最暗黒の東京』(2017.7.17)
17冊目:佐々木敦『ニッポンの音楽』(2017.7.22)
18冊目:ヒュー・G.ギャラファー『ナチスドイツと障害者「安楽死」計画』(2017.7.31)
19冊目:加藤直樹『謀反の児』(2017.8.8)
20冊目:板倉聖宣『ぼくらはガリレオ』(2017.8.20)
21冊目:伊藤彰彦『映画の奈落』(2017.9.19)

三歩後退一歩前進シリーズ

よく言われる「つまらない私語り」ですが、不惑を迎え、自らを振りかえることにしました。また、日々の生活で考えたこと、改善していきたいことも書いていきたいと思います。自らの怠惰に喝を入れ、愚かさで滅び行く社会の中でも、快活に生きていける足掛かりになればと思います。

その1: はじめに

その2: 学習塾文化の影響

その3: 学習塾文化の影響(2)

その4: デリバリー姉さんNEO、カフカ、後悔

その5: 苦手だった「夢」という言葉

その6: 『勉強の哲学』の変奏

その7: 法律と思い込み

批評ミニアルバム(仮)メイキング

専門を持とうといろいろ模索してきましたが、結局持つことができませんでした。今やることは、関心テーマや領域が散在しながらも、1つ1つの問題や作品を批評したものを書き溜めることしかないかなと考えています。まずは、1年という期限を区切って、批評ミニアルバムを作成してみようと思います。そうして、自身、批評にさらされなければなりません。

・メイキング1:構成を決めました。

・メイキング2:イベント行ってきました①。f:id:tsubosh:20171019222854p:plain

 

 

イベント行ってきました①(17年10月14日、15日)

10月14日、15日と次のイベントを聞きに行ってきました。

〇哲学と映像の「存在論的転回」@ゲンロンカフェ(10月14日)

genron-cafe.jp

〇「柳澤壽男・障がい者ドキュメンタリー傑作選」2本立て上映+トークUPLINK FACTORY(10月15日)

【News】10/15(日)開催! ドキュメンタリーマガジン「neoneo」9号刊行記念 「柳澤壽男・障がい者ドキュメンタリー傑作選」2本立て上映+トーク @UPLINK FACTORY | neoneo web

両日とも大変勉強になりました。一見関係ないように見える両イベントですが、たまたまかもしれませんが、シナジーを起こしているような感がありました。特に、15日に見た映画『夜明け前の子どもたち』、そしてその後のトークに大変感銘を受けました。

『夜明け前の子どもたち』(柳澤壽男監督・1968年)は、滋賀県にある重症心身障がい児施設「びわこ学園」を舞台にした映画です。映画の出だし早々、びわこ学園の映像に「人は誰でも発達する権利がある」というナレーションがかぶせられます。映像にナレーションをかぶせられるのが私はあまり好きではなく、また、少し発達への"強要"を感じ、ちょっとこの映画はきついかなと思いました。しかし、映画が進むにつれ、発達の概念自体を問い直すことが、この映画のテーマになっていることが見えてきます。

映画上映後のトークで、この映画で描かれる発達観が、発達保障論に基づく「ヨコの発達」だとの紹介がありました。一般に、発達とは、できないことができるようになることだと考えられています。このようなスキルベースドな発達観は、「タテの発達」と呼ばれます。それに対し「ヨコの発達」とは、様々な人と共感的な関係を築き、自らの感覚を開放できるようになるという発達観です。発達保障論は以後かなりの批判を受けたとのことですが、当時としては画期的なものだったのではないでしょうか。

様々な人と共感的な関係を築く―言うは易く行うは難しの典型です。この映画は、重症心身障がい児の動作や行動パターンをかなりしつこく記録しています。そして、彼ら・彼女らの動作が、共同作業の場面でどのように変容していくのか、その推移も記録するのです。映画の中でかなりの時間を割いて映し出されるのが「石運び」の場面です。例えば「坂道」という協力を必要とする場面で、「石を運ぶ」ことを通じて、各人の動作がチューニングされていく様が記録されたりします。石という"モノ"を媒介として、共感の"条件"ともいえる人間関係が築かれていく様子が、過剰ともいえるナレーションと合わせ映し出されるのです。

また、この映画では、トラックが高速道路を走るシーンが何度も挿入されます。映画が作られた当時、高度経済成長期だったことが一目でわかります。一方、びわこ学園の労働条件が悪く、たくさんの先生が辞めていく様子も描かれます。トークでこの映画が「未完の完成」だったかもしれないとの話がありましたが、高度経済成長とは違った「進歩」(発達)の可能性の萌芽があったこと、そしてそれがまだ実現していないことを実感しました。今の社会とは違う社会の在り方を提示するという意味で、この映画はとても<政治的>な映画なのではないかと感じました。