批評を書き溜めてアルバムを作ることを目指しています。(まず10本)

  1. 「【映画評】<映画>と<映像>のリミットを往還する―ジャハール・パナヒ『これは映画ではない』『人生タクシー』論」(前編)(後編
  2. 「【ロング書評】ジャック・デリダ『アーカイヴの病』を読む」(前篇)(後篇
  3. 「【映画評】沈黙、発話、発達~映画『デトロイト』を活動理論で読み解く」(前篇)(中篇)(後篇
  4. 「【ロング書評】現在進行形の道徳的戦場へヤングアダルトを連れていく~梨木香歩『僕は、そして僕たちはどう生きるか』論」(前篇)(後篇

2020年までにノンフィクション100冊マラソンを達成したいなと考えています。

以下は、マラソン本のインデックスです。1件当たり、600字から800字くらいまででコンパクトに感想を書きたいと思います。まず折り返し地点の50冊目まで。

23冊目:杉田俊介宇多田ヒカル論』(2018.1.4)
24冊目:トルーマン・カポーティ冷血』(2018.1.5)
25冊目:唐澤太輔『南方熊楠』(2018.2.21)
26冊目:上野英信追われゆく坑夫たち』(2018.4.30)
27冊目:松本創軌道』(2018.9.9)
28冊目:堀田善衛方丈記私記』(2018.9.15)
※29冊目:鴨長明方丈記』は28冊目の記事で紹介しています。
30冊名:吉川浩満人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』(2018.10.8)
31冊目:チェ・ギュソク『沸点』(2018.10.28)
32冊目:久世浩司『「レジリエンス」の鍛え方』(2018.11.10)
33冊目:広瀬浩二郎『目に見えない世界を歩く』(2018.12.10)
34冊目:石川善樹+吉田尚記どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみた』(2018.12.23)
35冊目:松下竜一狼煙を見よ』(2019.1.5)
※2017年(22冊目)までは、こちらから。
tsubosh.hatenablog.com

「視線を上に」シリーズ

視線を過去から未来に向けたいと感じています。心のなかにある漠然とした到達点を見つつ、近況のログを残していきます。「三歩後退一歩前進」シリーズで、少しだけ過去を振り返りました。

2018年12月初旬近況報告中旬近況報告下旬近況報告

2019年1月初旬近況報告2019年1月下旬-3月上旬報告

 

tsubosh.hatenablog.com

 

近況報告(2019年1月下旬-3月上旬)

f:id:tsubosh:20190223214735j:plain

なかなか、本を読む気力、記事を書く気力がわかないです。

最近、やったこととして特筆すべきことは、猫町倶楽部さんの『エチカ』読書会に初めて参加したことぐらいです。こういう読書会に参加しないと、なかなか本を読むことがなくなっています…。お恥ずかしながら、スピノザの『エチカ』を通読したのは今回が初めてでした。かなり端折って読んだところもあり、時間をとってもう少し緻密に読んでみたいと思いましたが、そんな読書の中でもスピノザが真の意味で<能動的に生きる>ということを考えようとしているのは伝わってきました。また、講師の方(國分さん)に直接質問できる機会もあったのはよい機会でした。

上の画像は2月末に食べた草餅と桜餅です。私は幼い頃、あんこが苦手だったのですが、大変おいしく食べました。味覚は変わるものです。